最新の長期優良住宅情報まとめ

優良住宅のメリット

長期優良住宅は減税対象

長期優良住宅は減税対象 長期優良住宅になると税制面で非常に有利になるのでおすすめです。これは減税の基準が設定されているので知っておきましょう。基本的に長期優良住宅は認定制度の基準をクリアしている住宅が対象です。長く安心して快適に暮らせる住宅を作ったときに減税を受けることができます。バリアフリーの設備を導入している、ライフスタイルに応じた可変できる可変性を持つ住宅が対象です。
他にも稀に発生する大地震に対応できる耐震性を持っている住宅で、これは耐震等級が2以上の建物です。次世代の省エネルギー設備を導入している住宅を対象としています。こちらは太陽光発電システムやオール電化などです。数世代にわたって住宅を利用できるように劣化対策を行っていること、住居面積が一戸建てだと一戸建ては75m2以上でフロアの床面積が40m2以上の住宅が対象です。各地域における住居環境が気候などに適していることと、維持保全計画がしっかりしていることが条件です。

免税は条件に応じて変わる

免税は条件に応じて変わる 長期優良住宅は様々な優遇措置があると言われていますが、その中でも免税は魅力的な要因の一つではないでしょうか。しかし、長期優良住宅の認定は簡単にできるものではなく、様々な条件が設けられているのが特徴です。そもそも、長期友情住宅は長期にわたって良好な状態で利用可能な措置が講じられた住宅の総称です。そして税金面においての優遇措置には住宅ローン控除を初めとして、不動産取得税や登録免許税、さらに住宅を維持する際に必要不可欠な固定資産税などがあります。
固定資産税は、床面積が50平米以上、280平米以下の場合に一般的な一戸建ては3年間、マンションは年間半分に減額されるなどの措置が設けられています。これに加えて、長期優良住宅の場合は、一戸建て住宅では5年間になる、マンションの場合でも7年間は半分の減額になるなど優遇を受けることができるのが特徴です。尚、優遇措置を受けるための条件には何があるのかを事前に調べておくことがお勧めです。

新着情報

◎2019/9/30

長期優良住宅は減税対象
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

長期優良住宅に控除はあるのか
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「住宅 免税」
に関連するツイート
Twitter
Copyright (C) 2018 優良住宅のメリット. All Rights Reserved.